スポンサードリンク

スポンサードリンク
お宮参り|服装や初穂料などのマナー

産着にお宮参り用ってあるの?

産着とは、お宮参りの時に赤ちゃんの着る華やかな模様の着物の事を指します。
また、赤ちゃんが生まれて初めて袖を通す着物も産着と言います。
古くから、母方の実家からお宮参りのお祝いに贈られるものでした。

女の子は手毬や小鼓などの縁起物の模様が多く、男の子では兜や鷹などの勇ましさを象徴するような模様が多いです。
色は、赤や黄色、青など様々です。
女の子には一般的に家紋は入れませんが、男の子には家紋を入れたものを着せます。

また、産着に刺繍されている麻の葉模様が、災いを防ぐと言われていて、昔は生まれて来る子供のために母親が手縫いで刺繍をしていました。
今ではプリント柄が多いようですが、余裕のある方は、赤ちゃんのお宮参りのためにやってみるのもいいかもしれません。
産着は、まだ着物をきちんと着られない赤ちゃんのために上からかけるような形で着るようになります。
また、お宮参りの産着は、七五三の時の晴れ着に繕い直すことができます。
縫い直しも簡単で、手縫いでも十分綺麗に仕上げられます。

最近では、祖父母から贈られることは少なく、両親の好きな柄を選んで着せるようになりました。
産着も、買うよりレンタルの方が安くなるので、レンタルを選んでいる人も多いようです。
もちろん、出産祝いとして祖父母から贈られる場合もあります。

あまり安いものではないので、最近では敬遠され、ベビードレスを着せる方も多いようですが、古くからの願いのこもった産着を着せるのもいいものです。
一生に一度のお宮参りを華やかな着物で飾ってみませんか?

産着と出産
産着にお宮参り用ってあるの?
スポンサードリンク
あいうえお経済